兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

電力会社ごとの電気料金を計算して比較してみました!

電力会社ごとの電気代を計算して比較してみました!

3.11以降電気代、および電力業界の構図が大きく変わったことはちょっと前のブログで
お伝えしました。東京電力管内の方は「私たちの電気代は高い!!」と言われることが
多いですが、本当にそうなんでしょうか?

そういうふとした疑問から実際に各社の電気料金が比較されているサイトがないかと
思い検索してみました。

そこで見つけたのが下記のサイトです。
http://電気料金.biz/7.html

非常に分かりやすくまとめられてはいるのですが、2008年とデータが古いため
現在の実情とはかなりかけ離れていると考えました。しかし、このサイト以外で
これより分かりやすいサイトを見つけることができなかったので、少しだけ時間を
かけて自分で作ってみました。

作る上で、上記のサイトと同様、月300kwhという場合(平均電気料金7200円/月程度)
でまずは試算してみました。

電気料金比較表2013年9月バージョン

まず見方ですが、赤で塗られたところが、3.11以降価格がアップしているところです。
これを見る限り中部電力と沖縄電力は値上げを行っていないことが分かります。
ちなみに実際の電気代を計算するには⑦より下の燃料調整額他を加減算しないといけませんが
変動する上に大きな金額ではない、また各社ほぼ一様ということから今回の試算では無視しています。

沖縄電力はもともと日本で唯一原発がない電力会社だったので価格が上がらないのは
納得できます。しかし、中部電力が値上げしていないのは経営体力があるのかそれとも
経営判断が遅いのか?はたまた原発比率が低かったからなのかはよく分からないところ
です。

結果を見ると最も電気代が高いのは結構ダントツで北海道電力であることが分かります。
逆に最も安いのは北陸電力だということもわかります。この両者の差は月に1500円近くにも
なります。年間なら18000円程度の差にもなります。

みなさん高いと思い込んでいる東京電力もやはり実際に高く2位につけています。
この2社は元から原発が一基もない沖縄電力の価格を上回っています。沖縄は物価が
安いので一概に比較するのはおかしいのかもしれませんが、沖縄より高いのはやはり
高すぎるように思います。

我らが関西電力ですが、元から原発比率が極めて高かった割に価格はちょうど中位につけて
いるのはなかなか頑張っているのではないかと思います。最も安い北陸電力はそもそもの
値上げ前、値上げ後とも電気の単価設定が本当に安いことがよくわかりました。

その次に安い中部電力は値上げしていないことがきいているのでしょう。さらにその
次点の九州電力も値上げを断行しながらも比較的安い値段を保っているのには好感が
持てます。

今回作ってみて他にも分かったことがあります。料金体系を見る限り電力会社にも
ちょっとした派閥というか連携関係があるんだろうなということです。
まず東京電力と中部電力ですが基本料金が全く同じです。この2社は密接な関係が
あるのでしょう。この2社に加えて東北電力、北陸電力、北海道電力、九州電力も基本料金の
体系は同じで従量電灯Bという名前が同じことから、連携が強いことが想像できます。

次に関西電力、中国電力、四国電力も基本料金の体系が同じです。
これらの電力会社は名前も従量電灯Aというふうに呼び名が変わります。

沖縄電力だけは原発がないことでもかわっていますが、従量電灯Bという呼び名でありながら
基本料金の体系は関電に似ているということで、このあたりも独自路線を貫いているという
感じがします。

しかしこうやってみていくと北海道電力は単価が高いだけでなくもうひとつものすごく高く
なる要因があることが分かります。どの電力会社も段階的に単価があがっていくのですが
3段目の価格が始まるのが他社がすべて300kwh以上であるところが280で切ってある
わけです。もともと寒冷地でエネルギー使用量が多い北海道で単価が最も高く、かつ
3段目の開始ラインも低く設定されてあるのはかなりかわいそうな気がします。
北海道の方はこの事実をしっていらっしゃるのでしょうか?

ちなみに年間を通して300kwhで生活できているご家族はあまりいらっしゃらないと
思います。そこで400kwhでも計算してみたのが下表になります。

電気料金比較表2013年9月バージョン2
blog-imgs-55.fc2.com/m/a/t/matsuosekkei/2013092715332737c.jpg" alt="電気料金比較表2013年9月バージョン2" border="0" width="2649" height="1266" />

多少中間の順位が変わりますが、上下関係はさほど変わりません。
逆に変わるのは価格差です。1位と10位の差額は2100円ほどに広がります。
年間に換算すると25000円ほどの差になります。

このブログ、全国各地の方が読まれていますが、自分のエリアの電気代を見てどう思われるでしょうか?
ご意見いただけるとうれしいです。
スポンサーサイト

別窓 | [お得な情報] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「建築知識」2013年10月号に記事が掲載されました! | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 「建設ITワールド」に掲載されました&週末の見学会の確認>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。