兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

松山講演で飛行機往復日帰りしてきました!

松山講演で飛行機往復日帰りしてきました!

今日は愛媛県松山市にて講演を依頼されたので行ってきました。
覚えている限り松山に行くのは人生初です。

朝6時に家を出て、7時半の飛行機で松山に飛びました。
1時間弱のフライトですが、意外な発見がありました。瀬戸内海の上空を飛び続けると
いう初めての経験だったわけですが、小島や橋が多く、見ていて非常に美しいのです。
海外を含めていろんなところを飛びましたが、上空からの景色がここまで綺麗な
ルートは他に見たことがないと感じました。

飛行場についても独特でした。まず飛行場のすぐ近くまで戸建住宅が密集しているのです。
たいていどこの飛行場も騒音の関係から戸建住宅はあまりないものですが、松山には
たくさんあって驚かされました。さらに極めつけは空港の真横にコンビナートのような
巨大工場が隣接していることです。こんな光景は他の飛行場では見たことがありません。

日本は京都、沖縄、東京、北海道以外は特殊な観光地等を除けばほとんど街並みが同じで
面白さを感じにくいですが、少なくとも空港周りには個性を感じたので面白かったです

今日は朝からPHJの会員工務店さんで、会員さんの中でも超高断熱、高気密を現実的な
コストで実現する達人でもあるアーキテクト工房PUREの高岡社長にいろいろと連れて行って
いただきました。

まずは午前中は最近建てられたパッシブハウスの新社屋。デザイン、性能のバランスが極めて
高いオフィスであるだけでなく、風光明媚な立地条件も含めて羨ましい会社でした。
ほぼ間違いなく日本で最も高性能な社屋であると言えるでしょう。
それにプラスして施工中の現場も見せていただくことができました。
本当にレベルの高い断熱仕様、及び施工レベルを実現しており、頭がさがりました。

昼からはいつものごとく講演したわけですが、松山というそれほど大きくない街に
おいて80名もの方が隣県も含めていらっしゃいました。これだけでも驚いたのですが
それ以上に驚いたのが質疑が合計1時間近く続いたということです。

今まで100回近い講演をこなしていると思いますが、日本人でここまで質問が
熱心だったのは松山が初めてです。というのも特に一人の断熱に元から熱心な女性建築士、
二人の「今ちょうど自宅を施工し始めたばかりで、ものすごく衝撃を受けました」
という女性建築士の合計3名が、特に熱心に質問をしてこられたからです。

松山は温暖な地域ですが、断熱等に関してここまで熱心な地域だとは思いませんでした。

これが終わると、「千と千尋の神隠し」のモデルになった道後温泉に連れて行っていただきました。
100年を超える木造銭湯は映画のモデルになるだけあって、なんともいえないいい雰囲気を
醸し出していました。

これが終わると松山空港まで移動・・・。
何のご縁か愛媛のお医者様で私のブログをいつも熱心に読んでくださっている
という高岡社長のところのクライアントさんが「どうしてもお会いしたい」
ということで、出発前の小一時間ほどいろいろ断熱等に関して質問に答えさせて
いただきました。

どこの地域にいってもこういう一般の方はいらっしゃいますが、非常に頭がいい上に
真剣であるがゆえにものすごく熱心に情報収集をされています。正直いいまして、
大半の工務店さんの断熱、省エネ知識を上回っているのでこういう方々は口をそろえて
「うちのエリアでは私の質問に答えられる工務店がないんですよ・・・」的に
苦笑されることが多いのです。

幸い松山には高岡社長という猛者がいるのでラッキーですが、こういった猛者が
いない地域もやはりあります。自分のエリアにこういう業者さんがいるかいないかは
良い住宅を建てるときに最も重要なファクターになってくると思います。





スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ハイブリッドカーじゃないほうが省エネになる人がいます。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 人生で最大のチャンスを逃してしまいました!?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。