兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

窓改革元年の幕開けです!!

窓改革元年の幕開けです!!

今日YKKAPから今までの常識をうちやぶる超高性能国産樹脂サッシが発売されました!
その名は「APW430」です。

http://www.ykkap.co.jp/company/japanese/news/2014/20140124.asp

今までいろんな建築専門誌で「2014年は窓改革元年」と謳ってきました。
私が知る限り3社から超高性能サッシが出るとも言ってきました。
守秘義務があるのでそれ以上詳しいことは言えませんでしたが、そのうちの一社
であるYKKAPさんが先陣を切って発表されました。発売は4月1日だそうです。

今までもYKKAPではAPW330の真空ガラスを使ったトリプルガラス仕様というのが
ありました。しかしこれは既存枠を使うことにこだわるために超高価な真空ガラスを
使ったという商品だったため、非常に高価でした。

今回は普通のトリプルガラスを使うことで、費用対効果に優れた商品になると
思われます。また従来の複層ガラスのようにアルミスペーサーを使わず
樹脂スペーサー使っていること、日本全国で取り扱い可能というところも
非常に好感が持てます。

肝心の性能ですが 、東西北面で使う遮熱タイプは室内、室外側ガラス2枚の内側にLow-E膜をもち16mm空気層にアルゴンガス封入、樹脂スペーサー装備)とマルチチャンバーの専用樹脂フレームを組み合わせることで、熱貫流率0.91W/(m2・K)日射熱取得率は0.46としています。南面で使う日射取得タイプは室内側ガラスの内側のみにLow-E膜とし、熱貫流率1.17W/(m2・K)日射熱取得率0.56となっており、このふたつの商品わけも非常に合理的です。

あとの2社がどのような製品が出てくるのかわからないのでなんとも言えません。

しかし、このブログを読んでいる皆さんに知っておいていただかないといけないことがあります。

・これから省エネもしくは高性能化に取り組もうとしているなら、太陽光よりも
 〇〇工法よりもエネファームよりもまず窓の高性能化に予算配分してください。
 これが絶対間違いのない最優先セオリーです。その他項目への予算配分はそれが
 終わったあとの話です。これが最も費用対効果が高いです。

今まで性能向上を怠ってきたサッシメーカーが気合を入れてこのレベルの商品を出して
きました。メーカー側は我々のたっての要望であった高性能サッシを発売し、約束を
はたしてくれたわけです。

次は我々実務者が約束を果たす番です。このレベルのサッシをどんどん採用してください!

このサッシ及びこれからあと2社出てくるであろうサッシが売れなければせっかく
こういった社内で「そんなサッシ作っても売れるわけないやろう」という声と
戦って発売にこぎつけた有志達の努力を無にすることになります。
それだけならまだしも、一度それを実証してしまうと今後長期間、高性能サッシは
発売されなくなってしまうリスクすらあります。

絶対にそんな状況にするわけにはいきません。

ということで、皆さんこのレベルのサッシをどんどん利用していきましょう!

スポンサーサイト

別窓 | [熱環境] | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<暖かさだけでなく、健康と豊かさと時間まで得ることができたNさん | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 日本人なら読んでおかなければならない本>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-24 Fri 23:13 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます。サッシの性能は予算が許す限りあげておくのが理想的です。なお、サーモスは気密性が悪く、かつ最低表面温度も低いのでオススメできません。リクシルであれば絶対にマイスターがおすすめです。
2014-01-25 Sat 21:54 | | 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
返信ありがとうございます。

マイスターはサーモス2からさらに数十万見積もりがアップしたのと、北海道用であまり取り扱っていない、ということで断念しました。

その点、APW430は全国展開が前提ですし、樹脂窓工場が六甲にできること、営業の方へのセミナーなど、関西地域で高性能窓を取り入れやすい環境はykk社の方が整っているように感じました。

リクシル社も高性能窓を出されるのかもしれませんが、我が家では間に合いそうもありません。

松尾様のアドバイスの下、なんとかAPWを使ってもらえるように工務店にお願いしてみます。

どうもありがとうございました。
2014-01-26 Sun 15:50 | | ごんた #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。