FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

電磁波過敏の方とのおはなし・・・。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

電磁波過敏の方とのおはなし・・・。

今日も三人のお施主様と打合でした。あっという間に1日が過ぎてしまった
感じです。

ちょっと前のブログで電磁波過敏症の方と話をしたと書きましたが、その方との
お話をちょっと書いてみたいと思います。

その方も以前から電磁波過敏症だったのではありません。会社で座った席がたまたま
電気の幹線が通る近くだったことが発症の原因だったようです。

電磁波過敏症の人の9割は化学物質過敏症といわれています。
過敏症を説明するのによく「それぞれの人のもつ許容量」の話がされます。
要するに「化学物質や電磁波などを有害なものに対する許容量は人それぞれ
その合計値が決まっており、全ての累計がその許容量を超えると、ほとんどの
化学物質等に対して過敏症となってしまう」ことをあらわします。

過敏症が厄介なのは一度かかってしまうと現時点では有効な対処法が
ほとんどないことです。

よくシックハウス症候群と同一視されがちですが、過敏症と呼ばれる方は
それのまだひどい症状と考えていただければいいでしょう。

化学物質過敏症になると「面と向かう人のシャンプーのにおいでも
だめ」「自然素材でもヒノキのように香りがきついものも不可」というレベルになります。

ちなみに電磁波過敏症になると
「新幹線は乗れないもしくは通路側しか座れない」
「携帯電話は着信音がなる前に分かる」
というレベルになります。

要は、体全体が極めて鋭敏なセンサーとなりそのセンサーが稼動するときは
体に不調が起こってしまうということです。

化学物質過敏症はちゃんと病気として認められ、保険も利きますし
近所の病院でも診察してもらえますし、社会的にも認知されています。

ところが電磁波過敏症になると保険も利きませんし、日本で診察
及び治療ができるのは北里大学病院だけといわれています。
しかもそこでの治療は3ヶ月待ちといわれています。
社会的にも認知されていないので、「ストレスでしょう」
とか「頭がおかしいわ」とか「更年期障害でしょう」
という更なる不理解からくるストレスすらあります。

便利な世の中になったのに、異常犯罪やうつ、昔は
少なかった病気が増えた大きな要因として電磁波が
からんでいるのではないかと強く感じる今日このごろです。

スポンサーサイト




別窓 | [電磁波関連] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<CO2排出量マイナスの島があるらしい・・・。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 打合、ミーティング、打合、現場立会・・・>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |