兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

「2014年を窓改革元年に」が新建ハウジングに掲載されました。

「2014年を窓改革元年に」が新建ハウジングに掲載されました。

今日、新建ハウジングの最新号が届きました。
そこに昨年末に原稿を書いた「2014年を窓改革元年に」が掲載されていました。

たくさんの方に読んでもらいたいのでそのまま記事を掲載します。
窓改革元年

今号は付属の「プラス1」の「松尾和也のエコハウス設計作法」でも
ドイツやスイスとの基準を日本と同じ土俵に整えた上での比較を
おそらく日本で初めてメディア公開しました。

これも、後日詳細に公開したいと思いますが、まずはじっくりと読んで
いただければと思います。結構衝撃的な内容だと思います。自分でも
計算結果が出てくるにしたがって「ここまで違うのか!!」と
改めて思い知らされたくらいです。

現時点でも読まれた方で感想があればコメントいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

別窓 | [熱環境] | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<京都嵯峨で現地調査のあと260名講演をしてきました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | やっぱり結婚式はいいですね。>>

この記事のコメント

とても良い情報を教えて頂きありがとうございます。

YKK社のapw330はもしかしてアルミスペーサなのでしょうか?
真空トリプルガラスは樹脂スペーサの様なのですが。

可能な限り、apw430を採用したいのですが、南側の掃き出し窓はapw330の断熱loweアルゴンにしようと思っていました。

価格と日射取得の面から真空ガラスは採用が難しいのですが、apw330ペアでも大丈夫でしょうか?

2014-02-03 Mon 23:55 | | ごんた #pKfLfqHU[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |