兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

京都嵯峨で現地調査のあと260名講演をしてきました。

京都嵯峨で現地調査のあと260名講演をしてきました。

今日は久々に朝から満員電車に揺られて朝9時に京都駅につきました。
こんなことは年に数回しかありませんが、やっぱりしんどいですね。

京都駅で夏見工務店さんと合流し、嵯峨の現場まで30分ほどかけて行きました。
途中で芦屋の六麓荘町にまさるとも劣らないような超高級住宅街を発見し、
ふたりとも興奮しながら通り抜けて行きました。やっぱり京都は
奥が深いです。

現場は大覚寺のすぐ近くですが、偶然ですが、現場から1km離れていないところに
ある民宿に昨年夏に泊まったばかりで現場間際にして「ここ来たことある!!」
と思い出しました。これも何かの縁でしょう。しかし、京都の住宅、町並みというのは
何度来ても本当に綺麗です。住む人々の美意識、調和を重んじるところがにじみ出ている
からなんでしょう。

現地の確認が終わるとすぐ近所の大覚寺をほんの20分ほどだけ見てから
急いで京都駅まで戻り、そこから本町まで移動しました。
でもって2時からのYKKAP主催の講演をしてきました。

180名入の会場に工務店、建材メーカー、大手住宅メーカー、大手ビルダー等
多彩な方々が参加されていました。これらの方々だけで240名、YKKAPの社員さんが
20から30名で合計270名近いすし詰め状態となりました。
講演等をよくやっている人ならよく知られている話ですが
大阪は本当に講演等で人が集まりにくいという特性があります。
そんな大阪において200名オーバーというのはYKKAPさんが集客に相当
頑張ってくださったんだと思います。

1656281_501093296676519_383497313_n.jpg
1012556_501087660010416_1608936298_n.jpg


今日の参加者の中にはいつも当社の施工でお世話になっている工務店さん、
大手住宅メーカーのSハウスやDハウスの技術系の方、
大阪の3階建施工棟数NO1のSホームの設計の方々等
「彼らが変わればものすごく変わる」というような人がたくさん
来られていたこともあり、いつも以上に話に熱が入ってしまったように
思います。

建築物理の観点から見た説明をありったけの熱意を持って
お伝えしたつもりです。ひとりでも多くの方の心に響いていればいいのですが・・・。

明日以降、聞いてくださった方々がアクションを起こされるかどうかにかかって
います。皆さん、聞いただけでは「雑学」もしくは「時間の無駄」にしかなりません。
せっかく貴重な時間をつぶして来てくださったからには実行に移していただくよう
切にお願いいたします。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<低炭素基準の暖房負荷はドイツパッシブハウス基準の5.7倍緩い。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 「2014年を窓改革元年に」が新建ハウジングに掲載されました。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |