兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

福井社員旅行&講演を無事終了しました!

福井社員旅行&講演を無事終了しました!

昨日朝5時過ぎに家を出発し、社用車である2台のプリウスに10人乗って福井に向かいました。若手社員が多いので行き先は「スキージャム勝山」となりました。10時頃到着し滑り始めたわけですが、スノボ5人にスキー5人、スノボは結構滑れるのが3名、2人が初心者、スキーは私ともう1名がまあまあ滑れて2名が初心者、1名は人生2回目ということでほぼ初めてに近い状態でした。約半分がスキー場に来るのは10年ぶり!という中で驚かされたのが今瀧でした。10年ぶりの一本目の滑りからスノボで難なく滑っていくわけです。スキーなら分かるんですが、スノボでもやっぱり体が覚えてるんですね。

 それが終わるとクタクタの状態で、福井市内まで移動、タキナミモデルハウスで着替えてタキナミの社長さんと社員さん2名も合流して合同で意見交換会を兼ねた懇親会を行いました。非常に楽しい会で美味しいかにもいただき、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

 それが終わると皆でスーパー銭湯に行って十分に温まってからタキナミモデルハウスに戻りました。外気温は0℃でしたが、エアコン1台で家全体が北側の最低温度のトイレでも19℃あります。リビングは21,2℃はキープしていますし、部屋内の上下温度差はほぼ0℃です。2階の各部屋でも20℃くらいはありました。床はブラックウォルナットと普通なら冷たく感じる樹種ですが、靴下1枚で全く冷たさを感じません。それどころか裸足の社員すらいたくらいです。

 自宅であれば、室温が21℃でもテレビを見るときは毛布1枚くらいないとだんだん寒さを感じてきます。ところがタキナミモデルハウスではジャージ上下くらいの格好でなんにもなくてもソファーで全く寒さを感じずにくつろぐことができます。熱画像も持っていきましたが、窓の中央部分は19℃くらい周囲の枠周りでも18℃くらいあるので、結露は一切ありません。エアコンは本当に微妙にしか動いてないので不快さなど一切ありません。

 わざと照明を落として暖かさ的には必要ないのですが、雰囲気を楽しむために薪ストーブに火を入れました。そうすると私を含めた何名かの社員は火の美しさに引き込まれてしまいおそらく1時間以上、ただ単に火を眺めるだけというくつろぎかたを楽しみました。これこそがゆとりであり、贅沢な時間ですね。照明を落としてテレビを消す・・・たったこれだけのことでも居間の質感はかなりあがるものです。そこに炎か好きな音楽がかかっていれば、最高のくつろぎの空間だと思います。たったこれだけのことですが、それを実現できていない家庭が非常に多いのが日本の住宅事情の寂しいところではないでしょうか。

 ということで、夜は私は1時半で切り上げましたが、飲む連中は3時まで語り合っていたようです。しかし、寝ていても驚かされます。私の自宅の寝室も19℃くらいはあります。それでも毛布と掛け布団がないと寒くて寝ることができません。ところがこのモデルハウスでは極めて薄手の掛け布団1枚でまったく寒く感じることなく寝ることができました。室温は19℃から20℃程度です。このレベルの性能の家は日本、ドイツを問わず1時間単位であれば何件も体験してきました。しかし、宿泊というのは初めての経験でした。外皮性能が高いということが、これほどまでに快適なのかということを改めて通関させられました。

 朝に関しても同じです。起きるときに全く持って苦ではないのはもちろんですが、トイレ、洗面脱衣も裸足でも大丈夫な温度です。給水管がある程度温もっていることもあるのでしょうが、水の温度もきんきんに冷たくはありません。要するにこの家の中はぽかぽか温かいというのではなく、完全に春か秋を再現しているというのが正しいと思います。この快適性は体感した人にしか理解できないと思います。

 その後は私は講演会場近くのうなぎやさんで集合だったのでそこまで送ってもらい、他の社員は引き続き福井観光を楽しんだようです。

 私はといえば、150名集まってくださった方々を相手に講演させていただきました。先日の富山、金沢に引き続いて北陸3カ所目の最後の講演でしたが、非常に反応が良かったので驚きました。

 北陸から東北の日本海側は一般的に講演時の反応が非常に薄く、講演後の名刺交換等に来られる方も非常に少ないのが特徴です。(アンケートの結果はだいたい「非常に良かった」とあるので、内容に不満なわけではありません)先日の富山、金沢もその例にたがわずという感じでしたが、今日は違いました。内容に対するリアクションもきちんとありましたし、講演後の名刺交換に来られる方もたくさんいらっしゃいました。北陸以外の人からすれば「北陸」とひとことにまとめてしまいがちですが、県民ショーではありませんが、となりあっていても県民性というのは確実に存在しますね。講演を重ねるごとに強くそう思います。

 ということで、私だけ講演後サンダーバードに乗って今帰宅している最中です。明日は午前中は現場の完成検査、昼からは京都で講演です。今週は日曜日も打ち合わせでまさに息つくひまもありませんが、楽しんで乗り切っていきたいと思います。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<京都での講演が無事に終わりました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 明日は社員旅行で福井のタキナミモデルハウスに宿泊し、明後日私だけ福井で講演します。>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-03-07 Fri 20:05 | | #[ 内容変更] | top↑
タキナミ社長のフェイスブックより友達申請して
いつもブログを拝見しているものです。

福井で講演があるとしり、YKKとは全く関係がなかったのですが、参加させていただきました。

これまでの人生のなかで一番のプレゼンだったとおもいます。色々な意味で、です。

特に、感銘を受けたのは、窓の次には~に取り組みたい、
とおっしゃっていたところです。
じつに勉強になりました。
社会が求めているお仕事ですね。

後半のパート、じつはわかりにくいところもありました。
また講演があれば聞きにいきたいところですが、日々におわれる生活で自由もきかないところが残念です。

ありがとうございました。
これからも良い講演をおねがいします。南部
2014-03-08 Sat 07:51 | | 南部 #BRhx2hKI[ 内容変更] | top↑
お褒めの言葉いただきありがとうございました。

また分からない点があればいつでもご質問ください。返答させていただきます。

今後共よろしくお願いします。

> タキナミ社長のフェイスブックより友達申請して
> いつもブログを拝見しているものです。
>
> 福井で講演があるとしり、YKKとは全く関係がなかったのですが、参加させていただきました。
>
> これまでの人生のなかで一番のプレゼンだったとおもいます。色々な意味で、です。
>
> 特に、感銘を受けたのは、窓の次には~に取り組みたい、
> とおっしゃっていたところです。
> じつに勉強になりました。
> 社会が求めているお仕事ですね。
>
> 後半のパート、じつはわかりにくいところもありました。
> また講演があれば聞きにいきたいところですが、日々におわれる生活で自由もきかないところが残念です。
>
> ありがとうございました。
> これからも良い講演をおねがいします。南部
2014-03-08 Sat 19:55 | | 松尾設計室 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。