兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

今までで一番使いやすい財布

今までで一番使いやすい財布

小学校のときに財布を使い出したので、財布歴はかれこれ30年近くになると思います。
その間様々な財布を使いましたが、ここ数世代はヌメ革でできたものを使っていました。
新品の頃はものすごく白っぽいのですが、年月とともに見事な飴色に変化していきます。

それが好きで使っていたのですが、いつものことですが、外の皮よりも先に中の
布が破れてきてダメになってしまいます。

そこで、なにかいい財布はないかと探していたらたまたま家に届いた本で
良い財布を見つけました。

それがこれです。
http://www.pal-shop.jp/products/detail.php?product_id=17624

最近、どんなに減らしても最低限持ち歩かねばならないカードが増えています。
その結果財布はどんどん分厚くなってしまいます。長財布にすればいいのでしょうが
上着を着ている季節はともかく、そうではない季節でかばんを持ち歩いていないときに
困ります。

だから、どうしても2つ折りになるのですが、枚数もあまり入らず、無理に入れると
非常にカードが取り出しにくいという難点もありました。

今回この財布に変えてから本当に薄くなりました。しかもどのズポンのポケットにも
きちんと入ります。また、カードを取り出すところには、ちゃんと穴が開いていて
極めて取り出しやすいのです。小銭入れのマチの作り方も非常に秀逸です。
普通、財布の設計をすることを考えた場合、お札の大きさをベースに考えると思います。
だから、世の中の財布のほぼすべてが1枚の大きさに合わせた長財布か
半分に折ることを考えたサイズになっています。

しかし、この財布の設計手法は全く違います。カードの大きさをベースに作られています。
よって紙幣はど真ん中ではない場所で折れることになります。これは画期的な発想の転換
だと思います。

私はブランド物には興味がありません。しかし、この財布のように、新しい視点でありながら
極めて合理的でよく考えられた物が大好きです。こういうものを所有していると、それだけで
嬉しい気持ちになります。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<おそらく日本人で最もホテルに詳しいと思われる人の本を読みました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 今世界一の建築家「ヘルツォーク」が「日本の建築家は卑怯だ」という理由>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |