兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「堺市の家」と「播磨町の家Ⅲ」の写真をUPしました!

「堺市の家」と「播磨町の家Ⅲ」の写真をUPしました!

今日、また2物件分竣工写真が届いたのでUPします。
偶然ですが、2物件ともお施主様の要望がかなり個性的であったため今までの松尾設計室に
全くないタイプのデザインとなりました。

まずは一つ目
「堺市の家」
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.686593784733281.1073741844.178046555588009&type=1
お施主様自らグーグルスケッチアップを自由自在に使いこなすという強者でした。最初からご自分が理想とするプランニングをお持ちでした。この仕事をしていると「こんな感じのプランがいいんです」と自分で間取りを書いて持ってくる方がまれにいらっしゃいますが、当たり前の話ですが、そのまま使えるようなものに出会ったことがありません。
構造上成り立たない、雨仕舞ができない、無駄が多い、デザイン的に美しくない、そもそも使いにくい・・・、法規を満たしていない、階段が上下そろっていない、等々あげればきりがありません。しかし、このお施主様は違いました。
構造と屋根のかけかたをちょっと整理してあげれば、そのまま使えるレベルの完成度でした。正直、建築学科を出て
2年ほど修行を積んだ人間でもここまで空間を認識できる者はまれです。わたしはこの仕事をはじめて17年目に突入しますが、お施主様が持って来られた案をほぼそれに近い形で実現したはじめてのケースです。内装に関してもエイジング施工をする業者さんを自分で連れて来られたりと、こちらは全体のバランスをコーディネートするというような
スタンスで設計させていただきました。とはいえ、耐震等級3、断熱性能もいつもどおり、理想的なパッシブデザインといった松尾設計室の根幹を成す部分はちゃんと実現しています。


「播磨町の家Ⅲ」
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.686589401400386.1073741843.178046555588009&type=1

この住宅も30坪を切る面積でしかも北側斜線がものすごく厳しい地域でした。その上太陽光をそれなりに載せたいということもあって、最初からぎりぎりのプランニングが求められました。プランニングはそれほど珍しいものではないのですが、インテリアに関してはお施主様独特のセンスが現れています。こちらも濃い目の色がおこのみで、またワイルドな感じのデザインがお好みでした。ですので内装に足場板を使ったりもしました。また子供さんのためのブランコもあったりして、見学会のときは子供さんが大はしゃぎでした。珪藻土も自分で塗られたのでそれもワイルド感を出すには一役買ったと思います。

最後に全く関係のない話です。

昨日、アレックス・カーさんの推奨する場所の1カ所目を見に行こうということで芦屋市の奥池町の住宅を
見に行ってきました。そんなに広くないのですべての通りを走ってきましたが、本当に素晴らしい住宅がたくさん
ありました。また、自然環境も素晴らしいところでした。

ところが今朝の話です。新規のお客様から電話がありました。
「奥池町で新築を考えているんですが・・・」
すべての通りを通った直後だったので、「ああその土地ですね。昨日前を通りました!」
という会話をすることができました。

こんな偶然ってあるんですね。強烈なご縁を感じました。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アドラーの「嫌われる勇気」・・・気づくのが遅すぎた名著でした。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 最近ハマっている「アレックス・カー」さんの推奨する日本の見どころ!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。