兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

いろいろ紹介したのでまとめておきます。

いろいろ紹介したのでまとめておきます。

今日は次の講演用の資料を作りました。
その中でいろいろと新しいことを発見したので、その都度フェイスブックでは紹介しました。
ただ、フェイスブックだとタイムラインに埋もれてしまいます。ですので、せっかくだから
全てまとめておこうと思います。

まずは「設備中心のスカスカスマートハウスを世界一上手に説明した動画」
https://www.youtube.com/watch?v=TobbmwMd8rc
私は今まで講演の時に言葉でこれを説明してきました。実際にやっている人がいるとは
驚きでした。

次に、随分前に取材を受けていたんですが、紹介するのを忘れていた記事を紹介します。
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00025/
非常によくまとまった記事だと思います!!

最後になかなか優れた新製品の紹介です。
洗面脱衣室の断熱リフォームにぴったりの建材が出ました!
http://www.s-housing.jp/archives/53978
ネオマフォームやフェノバボードは非常に効果なので
今までこれらの断熱材を使う価値というのを
・厚さ分の土地代の方が高い地域
・リフォームで内側から付加するしかない場合で
 部屋を狭くしたくない場合
においてしか合理的理由がないと思っていました。
今回は後者にあたるのですが、断熱材と石膏ボードが
接着されていることで施工の合理化、材料の削減も実現できると思います。真空断熱材よりはかなりコストも安いのでこれはすぐれものだと思います。

65歳以上の方が住む無断熱に近い住宅は

・在来浴室⇒高断熱浴槽、断熱材付壁パネルのユニットバスに交換
・上記に付随して浴室の窓も樹脂サッシに交換、もしくは内窓付加
・洗面脱衣室を内側から貼り付けるだけの高断熱改修
・電気温水器を使っているならエコキュートに交換

この4つの項目を何百万戸という単位で実施していかなければならないと
思っています。

これはそれこそ家電チェーン店ですら簡単に実行可能な項目ばかりです。
しかも省エネ、経済性、脳梗塞、心筋梗塞のリスク削減、医療費削減
CO2削減効果も絶大です。

窓が一段落したら、次は「命を落としやすい箇所から順にお金をかけるリフォーム運動」を広めて行きたいと思っています。

以上備忘録でした。
スポンサーサイト

別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<新建ハウジング+1に「よくある「勘違い」と「思い込み」除湿・床暖編」を掲載していただきました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | エネパス協会の早田さんの講演後、一緒に食事してきました。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |