兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

おかげさまで本日をもちまして40歳となりました!

おかげさまで本日をもちまして40歳となりました!

200名近い方々からお祝いの言葉をいただき、本当に感謝しております。今の日本人男性の平均寿命はちょうど80歳くらいです。(女性は86歳で平均83歳)ここからするとちょうど折り返し地点ということになります。

とはいえ、生まれてからの10年は親の助けがなければ何も出来ない存在。そこから先の10年は体と頭は成長しても親のすねかじりでした。様々な人々のお世話になりながらも自分の力でご飯が食べられるようになってからはまだ18年しかたっていません。

西方先生などを見ていると60代後半でも頭も柔らかく、本当にタフでおられます。それを考えると最低でもあと20年はバリバリやれそうな気がします。ここから先医学もアンチエイジングもさらに確実に進みます。であればもしかしたら、30年、40年とバリバリやれる可能性すらあります。ありとあらゆる分野の未来に関する本を読みあさった上での予想ですが、可能性は十分にあると思っています。

しかしながら、39歳になった直後から人生で初めて「記憶力が弱ってきた」という実感があります。また、1500名を超える省エネ建築診断士の採点をしていて、一番点数と逆相関するのは年齢であるということも知っています。単純な計算能力、記憶力等はこれからどんどん落ちていくことは確実です。そんな中、逆に人とのつながり、経験値といった年を重ねるに連れて向上していく部分があることも事実です。

その年齢においてもっとも社会的意義のあることに時間を使っていきたいと考えています。そうすることで、たくさんの人々や社会にお役に立てればと思います。20代の頃はこういう考え方はそれほどありませんでした。しかし、この歳になると人の役に立てること、そしてその結果、感謝の気持ちをいただけることが本当に嬉しく思えるようになってきました。ということで、折り返し以降である今後はこんな感じで行きたいと思っています。

「お体をお大事に」的なコメントもたくさんいただきました。たしかに移動はものすごく多いですが、体調管理にはものすごく気を使っているのと、お客様には申し訳ありませんが、仕事よりも娘と遊ぶ時間の方が優先順位を上にしています。自分の人生に関してはどう発展していくかということはあったとしても、方向性がまるっきり変わっていくことは考えにくいと思います。しかしながら、娘の人生というのはこれからどうなっていくのか全くわかりません。

娘の人生に比べたらこれからの社会がどうなっていくのかといったマクロな視点の方がはるかに予想しやすいくらいです。そう考えると、小学1年生になった娘が今後、何が好きで、何が得意で何を目標にやっていこうとしていくのか?これを横で見ていくことが人生最大の楽しみであるとも思っています。

最後に人生後半戦の自分への戒めとして
「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」というのを持ちながらずっと柔らかい頭で居続けたいとと思っています。
そこから外れていると感じられた方は遠慮なくご指摘いただければ幸せな人生になると思います。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ものすごい人達にお会いすることができました!! | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 濃い人達との出会い>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |