兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

デンマーク-日本技術移転プログラムで東京に来ています!

デンマーク-日本技術移転プログラムで東京に来ています!

昨日は従来の世界観の中での頂点に位置する方にお会いしましたが、
今日はこれから、未来の世界観の中で最先端に位置する方々とミーティングです。

IMG_20150617_134018.jpg


このプロジェクトはISEP(環境エネルギー政策研究所)がデンマーク大使館と協力して
デンマーク政府の強力の元、デンマークのバイオマス技術を日本に普及させようというプロジェクトです。
先日デンマーク大使館で打ち合わせしたのものこのプロジェクトのためです。

ほとんどの日本人がご存じないと思いますが、デンマークはバイオマス技術に関しては
環境先進国ドイツをはるかに上回る技術を持っています。

そしてその技術はデンマークという小国の田舎のお金と人とエネルギーを地域内で
まわしていくということに大きく貢献しています。

もみがら、木のチップ、牛糞、豚糞、鳥糞、あらゆるゴミ・・・
彼ら(デンマーク人)に言わせると「廃棄物」という言葉は存在しないといいます。
全ては「熱エネルギーの素である」と・・・

実際、今回のプロジェクトでは北海道から九州まで23の自治体が実際に導入を検討しはじめています。
今日本の地方は消滅の危機に瀕しているというのはよく言われるところです。

しかしながら、地域で使用するエネルギーは外国から輸入し、貴重なお金は外国に流れ雇用も
生まれません。しかし、バイオマス技術をうまく導入すれば、環境被害になり、処理費用すらかかる
糞ですら、エネルギーになり、熱になり、お金になり、雇用になるのです。地域が回るもとになるのです。
こういったことを書いた藻谷浩介さんの里山資本主義という本がベストセラーになったのは
記憶にあたらしいですが、自民党の政策とは全く反対といってもいいやりかたであるともいえます。

自民党を中心とした中央政府のやることにはほぼなんの期待も持てませんが、
やる気のある首長、担当者を中心とした地方自治体には目を見張るものがあります。
私が5年ほど前にモデルハウスの設計を担当させていただいた、岡山県の西粟倉村も
今回の23のうちのひとつに含まれています。

すでに西粟倉村は若者のIターン、全国の自治体からの見学者、メディアからの取材が
後を絶ちませんが、こういった先進的地方自治体が成功し、その成功例が全国に広がって
いくことを願うばかりです。私に何ができるかはまだはっきりしませんが、できることは協力
していきたいと思っています。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<子供の吸収能力は驚くべきスピード | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 過去最高、約900名の方に講演させていただきました!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |