兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

このまま行くと住宅メーカーも地方工務店も一条工務店に太刀打ち出来なくなるでしょう。

このまま行くと住宅メーカーも地方工務店も一条工務店に太刀打ち出来なくなるでしょう。

今日は兵庫県内の姫路市にあるパワービルダーさんの社員向け講習を依頼されたので
行ってきました。

ほんの数年前まではパワービルダーさんが高断熱高気密やパッシブデザインといったことに
興味を示すことはほとんどありませんでした。しかし、最近こういった会社が興味を示すようになってきました。

そこには間違いなく一条工務店の一人勝ちが影響していると思われます。

今大手住宅メーカーは新築着工戸数が人口減とともに減っていくという現実に直面しています。
ダイワハウスなどはすでに戸建住宅部門は見切っているという話も聞きます。

ほんの10年位前までは大手8社とか言われているなかに入りもしなかった一条工務店が
今や、3位とか4位あたりにまであがってきています。私が全国回ってきた38都道府県の
ほぼすべての地域において唯一確実に右肩上がりの成長を続けています。
このままのペースで行くとほぼ確実に10年以内に住宅最大手になると思われます

皆さんご存知かもしれませんが、一条工務店のQ値は0.7、C値も0.5台とうたっています。
おそらくですが、60坪の総二階のようなかなり有利な計算をしていると考えられるので実際にはQ値は
1.2程度ではないかと思います。それでも素晴らしい性能です。実際、先日新規のお客様が
たまたま一条のカタログを見せてくれましたが、そこには前々から噂されていた樹脂のトリプルガラスが
掲載されていました。しかも一番外側は防犯ガラスになっているので、ガラスの枚数は4枚ガラスにも
なります。こんなの、ドイツのフェンスターバウ(窓博覧会)ですら見たことがない代物です!

しかも太陽光も格安で大量に載せることができます。しかも坪単価は積水ハウスなんかより
はかなり安いのです。これは売れるに決まっています。費用対効果の観点でいうと
他の住宅メーカーとは比較にならないわけです。

なぜ、こんなことができるかというと、窓、フローリング、キッチン、ユニットバスに至るまで
ほとんどの建材をフィリピンの自社工場で製作しているからです。日本の大半の住宅メーカーは
他社が作った建材をOEMのような感じで使っている事が多いのでどうしても製造コストの
観点でも中間マージンの観点でも高くなってしまいます。

というわけで、一条以外の住宅メーカーの経営陣は「断熱なんぞに力を入れても
営業力が上がるわけでもなく、価格だけが上がって逆に儲からんようになるだろう」
といった前近代的な判断から抜けきることができず、少しづつですが一条に市場を
明け渡してきました

この傾向は今後も更に続くと思われます。

しかし、市場を奪われるのは大手メーカーに限ったことではありません。
大半のパワービルダーと呼ばれる会社は飯田グループの超ローコストには太刀打ち
できません。かといって、自分たちより少々コストは高いけれど、生涯コストで見ると
自分たちよりずっと安い一条工務店にも市場を奪われるのは必然です。

しかし、ここに一条に勝つ秘策があります。それがパッシブデザインの手法です。
一条の住宅はたしかに
「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」
というわたしどものモットーを実現しています。

しかしながら、その手法は少しことなります。
高断熱、高気密までは同じですが、
そこから先が違います。

一条工務店は冬の日射取得や夏の日射遮蔽はほぼ無視した設計を行います。
それでも、冬は超高断熱、高気密でできるところまでカバー
夏は素性の性能ではかなり暑くなるので全館冷房
+それに必要なエネルギーは大量の太陽光発電でカバーという
あくまで力技による手法をとっています。この方法が悪いというわけではありませんが
これは、一条のように、フィリピンで大量生産する会社にしかできないやりかたです。
積水ハウス、飯田グループをもってしても真似することはできないでしょう。

翻って我々が推奨するやりかたは、断熱性能は多少おちるかもしれませんが、
冬の日射取得、夏の日射遮蔽を徹底します。その結果、
健康、快適、省エネ、経済性の度合いは一条と変わらないか、それを上回る
ことすら可能になります。これは、大量生産方式の一条には決して真似ができない方式です
もちろん、特殊な敷地形状や要望にも対応可能なのは言うまでもありません。

今回の記事、すべての実務者にとって、非常に重要な内容です。よーく理解して
腹に落としておいていただければと思います。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:10 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2014で2部門受賞していました!? | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 「原発比率20~22%」案に最後まで異を唱えた気骨ある委員>>

この記事のコメント

それほどでもないかと思いますが。
一条工務店の営業マンは、即席が多いので、質が悪く、私はかつて喧嘩別れしました。性能が良くても、売る体制が悪ければ、消費者はよりつきません。私の家は、Q値0.89C値0.1ですが、地元工務店ので建てました。地元工務店のもすごいですよ。
2015-06-30 Tue 22:56 | | #-[ 内容変更] | top↑
営業マンの質は人によって強烈に違います。それはどこの住宅メーカーでも同じです。ただし、メーカーごとの平均値というのはあると思います。もちろん性能や費用対効果だけで家が売れるわけではないことくらい百も承知しています。地元工務店に凄いところがあることも・・・・ただ、実績として一条は確実にものすごい勢いで伸びています。これは頑然たる事実です。
2015-07-01 Wed 07:43 | | 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-07-01 Wed 07:50 | | #[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-07-01 Wed 10:07 | | #[ 内容変更] | top↑
一条工務店の業績が右肩上がりの理由は簡単。右肩上がりで性能をあげているからです。

他のメーカーがコストを考えある程度の性能で止めてしまう研究を、たくさん売れればコストは下げられるとコストは後回しでとにかく性能を上げることにこだわっている。

大手メーカーの中で積水ハウスに次いで2位の位置でも断トツで社員の給料が安い。

会社の理念に本気で賛同する営業マンは、質は悪くないと思います。

2015-07-01 Wed 11:18 | | iida #JalddpaA[ 内容変更] | top↑
> 一条工務店の業績が右肩上がりの理由は簡単。右肩上がりで性能をあげているからです。
>
> 他のメーカーがコストを考えある程度の性能で止めてしまう研究を、たくさん売れればコストは下げられるとコストは後回しでとにかく性能を上げることにこだわっている。
>
> 大手メーカーの中で積水ハウスに次いで2位の位置でも断トツで社員の給料が安い。
>
> 会社の理念に本気で賛同する営業マンは、質は悪くないと思います。

確かに性能をあげるスピードは凄いものがありますね。
2015-07-01 Wed 19:04 | | 松尾設計室 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
他のHMがあれなため相対的に見て一条工務店が押し上げられている印象が強いですね。それでも住宅業界のユニクロとは言い過ぎではないでしょう。ただ問題として
・完全に規格化されているので冷暖房除加湿を考えた場合現状コストパフォーマンスで最適である天井、床下エアコンができない
・鵜野日出男氏のホームページに記載された内容によるとどうも正規のツーバイの工法ではない部分が見受けられるため若干耐震性に不安が
・2~3施主のブログを拝見するとどうも気密の劣化が激しい。1年後の測定でC値1を上回りそうになった家もある。
・HMの御多分にもれず欠陥住宅を建てられたというホームページも散見される。(ただこれはホームインスペクターのフル検査を通せば問題ないか)
・ACQ加圧注入材でもいづれは抜けてしまうためホウ酸防蟻に劣る

こんなところですかね。まぁ他のHMと比べると雲泥の差であるため中々調べないと問題点が浮かび上がってこないのも難点といえば難点になるでしょうか。
2015-07-03 Fri 03:35 | | あああ #-[ 内容変更] | top↑
> 他のHMがあれなため相対的に見て一条工務店が押し上げられている印象が強いですね。それでも住宅業界のユニクロとは言い過ぎではないでしょう。
●確かにそういう一面はあります。

ただ問題として
> ・完全に規格化されているので冷暖房除加湿を考えた場合現状コストパフォーマンスで最適である天井、床下エアコンができない
●大量購入によるコストメリットが十分すぎるほど出ています。そこだけ捉えることにあまり意味がないと思います。

> ・鵜野日出男氏のホームページに記載された内容によるとどうも正規のツーバイの工法ではない部分が見受けられるため若干耐震性に不安が
●一条はツーバイではありません。ツーバイだから安全というわけでは決してありません。
 ツーバイでも危ない住宅はたくさんあります。ちなみに鵜野氏は自分で計算することができない人
 のようで、ブレーンとして「S邸」のSさんがいらっしゃいます。Sさんは私もよく知っていますが
 東大出のエンジニアで超超優秀な方です。ただ、数年前から鵜野さんのコメントが常軌を逸脱
 するようになり袂を分かったようです。

> ・2~3施主のブログを拝見するとどうも気密の劣化が激しい。1年後の測定でC値1を上回りそうになった家もある。
●どの家でも気密の劣化はあります。防湿シートによる気密工法が一番気密劣化は少ないと思われますが
 年数が経った住宅の気密測定事例はそれほど多くありません。
 

> ・HMの御多分にもれず欠陥住宅を建てられたというホームページも散見される。(ただこれはホームインスペクターのフル検査を通せば問題ないか)
●どのメーカーーでも欠陥住宅事例はあります。欠陥相談専門にやっている知人の建築士によるとSハウスが一番多いとのこと・・
ホームインスペクター制度を作った長嶋さんも知り合いですが、確かにやった分リスクは下がると思います。

> ・ACQ加圧注入材でもいづれは抜けてしまうためホウ酸防蟻に劣る
●これは完全に間違えています。ACQ加圧注入に関しては私は相当詳しい立場にありますが
 そのような事例はありえません。

>
> こんなところですかね。まぁ他のHMと比べると雲泥の差であるため中々調べないと問題点が浮かび上がってこないのも難点といえば難点になるでしょうか。

●相当カタログ、ネット等で勉強されているようですが、住宅はスペックだけで決まるものではありません。
 価格でいえば、掛率や施工のしやすさ、設備や工法なら実際の効能等やってみなければわからないことが
 たくさんあります。構造に関しては一棟ごとに構造計算を行って耐震等級3を取るのが一番安全ですが
 大手はそれができません。
2015-07-03 Fri 12:02 | | 松尾設計室 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
・コストパフォーマンスに関してはもはや言うこともないですね。特に平屋は床面積に対して価格が一律、ようは2階建てと同じ価格なのでかなり安いですね。この性能で坪60~65万の平屋は良心的な業者でも見たことがありません。

・素人の判断だと千鳥張りしていない床合板等は著しく耐震性が落ちるとは言わないまでも不安を感じるのですがどうなのでしょうか
http://unohideoblog2013.seesaa.net/archives/20150105-1.html
一条工務店の上潮ムードはストップ。本当の性能と価格の勝負!

・コスト面を無視すると素人考えだと気密シート+アイシネン+ボード気密といった具合に気密層を増やしたほうが経年劣化には強くなると思うのですがどうでしょうか。イザットハウスのようなテープを使わない圧着シート工法が理想ですが特許技術のため採用できないでしょうね...

・ACQは非揮発性の防蟻剤でした。EPSに使われているニコチノイド系と間違えましたすみません。ただやはり私としては燃やす際に問題になるのを除くとホウ酸のほうがいいのではと考えてしまうのですが。

・最後のカタログスペック云々はど素人の私であっても調べるたびに痛感しています。KMブラケットがいいと思っても工賃が高く付きそうだとか、耐力壁断熱材一体のニスクボードをみつけても厚さがいまいちとか...
材料工法にこだわると本当に難しい...
すいません。ただの愚痴です。
本当はわかっている業者が身近にいればいいのですが...

・耐震等級3云々は型式認定のことでしょうか。
2015-07-04 Sat 02:20 | | あああ #-[ 内容変更] | top↑
> ・コストパフォーマンスに関してはもはや言うこともないですね。特に平屋は床面積に対して価格が一律、ようは2階建てと同じ価格なのでかなり安いですね。この性能で坪60~65万の平屋は良心的な業者でも見たことがありません。
>
> ・素人の判断だと千鳥張りしていない床合板等は著しく耐震性が落ちるとは言わないまでも不安を感じるのですがどうなのでしょうか
> http://unohideoblog2013.seesaa.net/archives/20150105-1.html
> 一条工務店の上潮ムードはストップ。本当の性能と価格の勝負!
●全く問題ありません。
>
> ・コスト面を無視すると素人考えだと気密シート+アイシネン+ボード気密といった具合に気密層を増やしたほうが経年劣化には強くなると思うのですがどうでしょうか。イザットハウスのようなテープを使わない圧着シート工法が理想ですが特許技術のため採用できないでしょうね...
●レイヤを重ねるほど、気密性能も経年劣化も良い方向に行くとは思います。ただ、そこまで気にする必要はないと思います。
それ以上に現場発泡断熱材は60℃くらいから断熱性能が劣化します。屋根に使うのはあまりむいてないかもしれません。
また、気密性能自体も歴史が浅いのでなんともいえません。防湿層なしで長年いけるのかどうかになると専門家でも
よくわからないというのが実態です。
>
> ・ACQは非揮発性の防蟻剤でした。EPSに使われているニコチノイド系と間違えましたすみません。ただやはり私としては燃やす際に問題になるのを除くとホウ酸のほうがいいのではと考えてしまうのですが。
●ACQは洗顔料でも使われている材料です。AcQ処理剤を金魚鉢に入れても金魚はなんともないくらい毒性は低いものですが
 燃えたときは、それどころの話ではないと思います。
>
> ・最後のカタログスペック云々はど素人の私であっても調べるたびに痛感しています。KMブラケットがいいと思っても工賃が高く付きそうだとか、耐力壁断熱材一体のニスクボードをみつけても厚さがいまいちとか...
> 材料工法にこだわると本当に難しい...
> すいません。ただの愚痴です。
> 本当はわかっている業者が身近にいればいいのですが...
●99%の実務者よりも現時点で断熱、気密に関しては詳しいと思います。正直、心配しすぎの
 領域です。しかも現場ではそれよりもはるかに以前のことができていないことの方が多いのです。
 今気にされていることの大半が、そこまで気にしなくても良いレベルのことばかりだと思います。
>
> ・耐震等級3云々は型式認定のことでしょうか。
●性能表示です。
2015-07-04 Sat 21:01 | | 松尾設計室 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |