兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

やっぱり今まで耐震等級3にこだわってきたことは間違いでも過剰でもありませんでした。

やっぱり今まで耐震等級3にこだわってきたことは間違いでも過剰でもありませんでした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160511-00000004-kyt-sctch

大手住宅メーカーでも耐震等級3を確約しているところは知る限り6社しかありません。長期優良住宅を取っている住宅でも大半が等級2で認定が取れることから等級2どまりがほとんどです。(一節によると新築でも1%程度とも・・・)この実態を正確に理解している一般人はまずいないでしょう。住宅関係者でもここまでシビアに考えている人は少数派だと思われます。

ちなみに等級3を確約しているメーカー6社は
ヘーベルハウス、積水ハウス、住友林業、三井ホーム、トヨタホーム、東日本ハウスです。これ自体が数年前のデータなので今は増えている可能性もありますが、大手で着工棟数が多いところほど変わってないと思います。なぜならそういう会社は型式認定で構造の許可を取っている都合、簡単には変更ができないからです。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<5月下旬から8月までの講演予定 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | タイトルなし>>

この記事のコメント

等級3でも省エネ東急と同じでピンキリですよね。
個人的には1500ガル、構造計算で加味される家の荷重の1.5倍の水平荷重に対して無傷ぐらいは義務化すべきと思います。
せっかく断熱、気密をした家も地震の後に住めないのでは今までのストックにもならないゴミ住宅と同じです。
2016-05-12 Thu 12:13 | | N #-[ 内容変更] | top↑
返信が遅くなり失礼しました。
等級3でも震度7クラスで無傷を想定しているわけではありません。

等級3が義務化になればいいですが、おそらくそこまではいかないのではないかというのが
個人的な推測です。

> 等級3でも省エネ東急と同じでピンキリですよね。
> 個人的には1500ガル、構造計算で加味される家の荷重の1.5倍の水平荷重に対して無傷ぐらいは義務化すべきと思います。
> せっかく断熱、気密をした家も地震の後に住めないのでは今までのストックにもならないゴミ住宅と同じです。
2016-05-21 Sat 10:21 | | 松尾設計室 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |