FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

日本のエネルギー

日本では石油、石炭、ガスは一次エネルギー対二次エネルギーが1:1で評価されますが、実際には生産、輸送、設備にもエネルギーが使われています。それらを評価すると表内にも落書きしてますが

石炭:107.2%
石油:107.2%(たまたま石炭と全く同じ値)
LPG:111.4%(プロパンやブタン)
LNG:122.6%(メタン)

という値を本来は掛けて一次エネルギーを換算すべきだと思います。実際ヨーロッパではそうされています。
化石燃料ではCO2排出量が少ないLNGですが、日本で使う場合には
冷凍圧縮により液化して、さらに船便で運んできてから再気化という過程が必要になります。その結果、22.6%も掛ける必要があるようです。
LPGも液化はしていますが、LPGの主成分であるプロパンやブタンは圧力をかけることにより、常温で液体になり、体積は約1/250となるそうです。ところがLNGの主成分であるメタンはマイナス162℃という極低温にすることによって、液化して体積を1/600にしています。そのためのエネルギーが大きいため一番大きな数字が結果として出てきているということになります。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<エアコンの最適容量 その2 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 念願のエイモリーロビンス博士の講演を聞きました!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。