兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

エアコンの最適容量 その2

ついに本丸である今泉さんの「エアコンの最適容量 その2」が公開されました。内容的にはこちらが本丸で本当に凄い内容です。実はここ数ヶ月いろいろと情報をやりとりしていたのですが、今泉さんがほとんど独力でやりとげられました。非常に難解な数式を自らプログラム化され、さらに実測との結果照合までをごく短期間にやりとげられています・・・研究者でもなかなかできないことを会社の社長をやりながらやってしまうところに本当に驚かされました・・・。
本当に素晴らしい内容なのですが、ここに書いてあることの意味がきちんと理解できる実務者がどれだけいるだろうか?とふと思いました。前回の「その1」は誰が読んでも極めて分かりやすい内容でした。しかし、その2になると一気に難易度があがりました。
エアコンメーカーは各社APFを1%でも向上させることにしのぎを削っています。
しかし、今泉さんも私も指摘しているようにその部屋に適切な機種を選ぶしくみを作って
普及させるほうがわずかなAPF競争なんかよりもはるかにはるかに効きます。
しかしながら、それを真面目にやろうとする人、企業、団体等はどこにもありませんでした。
私が連載記事でそれを発表し、今泉さんがその総仕上げとして完成形を出してくださった。この知識は全住宅設計者が知った上で実務に落とし込んでいかないといけないと強く思っています。

画像b


エアコンの最適容量(COP)分析 — エネルギーパスの新機能 その2 | 日本エネルギーパス協会
エネルギーパスに新機能が追加されました。 その名も「エアコンの効率分析」。 いよいよ新機能について、解説させていただきます。…
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<現場での話 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 日本のエネルギー>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。