FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

耐震等級3

やっぱり今まで耐震等級3にこだわってきたことは間違いでも過剰でもありませんでした。大手住宅メーカーでも耐震等級3を確約しているところは知る限り6社しかありません。長期優良住宅を取っている住宅でも大半が等級2で認定が取れることから等級2どまりがほとんどです。(一節によると新築でも1%程度とも・・・)この実態を正確に理解している一般人はまずいないでしょう。住宅関係者でもここまでシビアに考えている人は少数派だと思われます。
ちなみに等級3を確約しているメーカー6社は
ヘーベルハウス、積水ハウス、住友林業、三井ホーム、トヨタホーム、東日本ハウスです。これ自体が数年前のデータなので今は増えている可能性もありますが、大手で着工棟数が多いところほど変わってないと思います。なぜならそういう会社は型式認定で構造の許可を取っている都合、簡単には変更ができないからです。



震度7の連続地震、耐震強度1.5倍必要 京都大解析(京都新聞) - Yahoo!ニュース
熊本地震のような2回の震度7の地震に建物が耐えるためには、現行の耐震基準より5割 - Yahoo!ニュース(京都新聞)
HEADLINES.YAHOO.CO.JP
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<耐力面材がなく、筋交いだけで耐力を取っている住宅は危ない。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 現場での話>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。