兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

日射遮蔽がきちんとした高断熱高気密住宅で全館冷房をすると

1
2

日射遮蔽がきちんとした高断熱高気密住宅で全館冷房をすると8月に24時間冷房をつけっぱなしにした場合、大半の方の冷房費が月に4000円前後でおさまります。「だからつけっぱなしにしてくださいね!!」と自信を持っていい続けてきました。

皆さん最初は半信半疑で恐る恐るやってみるのですが、実際にそうなるので驚かれます。

最近、改めて実効COPの変化を反映できるホームズくんで部分間欠冷房でシミュレーションしてびっくり!!

こういった高性能住宅においてはいるときいる部屋だけでオンオフを繰り返す方が冷房費が高くなってしまうという結果が出ました!!

上段が部分間欠冷房で年間冷房費は17403円

下段が24時間全館冷房の冷房費は13053円の試算です。

年間で4350円も安くなっています。

これもちろん太陽光発電なんか加味してません。。。
太陽光を加味したらこのくらいの冷房費は一瞬でチャラになります。

他にも真夏の通風はデメリットがたくさんあります。
・湿度が高すぎるゆえ、カビ、ダニと共存することになる
・冷房器具はオンオフを繰り返すとカビが繁殖しやすい。。。

これで夏場出来る限り通風にしておいて、どうしても
我慢できないときだけ冷房つける理由は完全になくなったと言えます。

2017年8月19日

スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<先の全館冷房の方が安いことを書いたのには実は理由があります。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 昨日もまた質問で>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。