兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

燃料電池自動車の一次エネルギー使用量が気になったのでググってみました。

2017年10月18日


昨日の村上さんの燃料電池自動車の一次エネルギー使用量が気になったのでググってみました。
ここが一番詳しい解説だと思いました。
http://hori.way-nifty.com/synthesi…/2013/…/jhfcco2-854a.html
下の方に結論が下記のように書かれています。
エネルギー消費量(一次エネルギー投入量)
1,水電解水素を使用する燃料電池車のエネルギー消費量は、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車はもとより、エンジン自動車よりも大きい。
2,最もエネルギー消費量が小さい燃料電池車でもハイブリッド車と同程度のエネルギー消費量であり、最もエネルギー消費量が小さい燃料電池車よりもプラグインハイブリッド車と電気自動車の方がエネルギー消費量が小さい。
CO2排出量(CO2排出量)
1,どの燃料電池車のCO2排出量もエンジン自動車よりは小さい。燃料電池車水素製造供給16方式のCO2排出量の巾の中にハイブリッド車が入る。
2,最もCO2排出量の小さい燃料電池車でもプラグインハイブリッド車と同程度のCO2排出量であり、最もCO2排出量の小さい燃料電池車よりも電気自動車の方がCO2排出量が小さい。
まさに村上さんの計算通りでした。。。。
これほどまでにエネルギー安全保障の面でも、CO2排出量の面でもメリットがない上に、莫大なコストがかかる燃料電池自動車をなぜトヨタと日本が進めようとしてきたのか??
これはその周辺産業が膨大に儲けられる可能性が高いから??としか考えられません。
原発を意地でもやろうとするときの構図と全くおなじものを感じました。

2

3




スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「なぜか出るホコリ!原因はソコだった!?」 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 村上敦さんと一緒にプチ講演させていただきました。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。