兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

耐震等級3にしない会社が多いのは単純に社内で許容応力度計算ができるスタッフがいないから。

1月6日
耐震等級3にしない会社が多いのは単純に社内で許容応力度計算ができるスタッフがいないから。
外注すれば15万程度かかるのがもったいと思うから。外注するのに時間がかかるから。
という全て業者側の論理ばかりだと思います。
そこで耐震等級1とか2で建てて、大震災が来たら地震保険でカバーするという手法の金銭的価値がどんなものだろうかと調べてみました。
http://www.ms-ins.com/personal/kasai/jishin/example.html…
建物2500万円、家財道具200万円という設定で年間の保険料はほぼ4万円、10年で40万円、一般的なローン期間である30年で考えれば120万円となる。
元になる耐震等級は各社バラバラですが、どの会社であっても
40万もあれば耐震等級3にすることはだいたいできると思います。ましてや120万もあれば絶対余裕で可能です。
これ住宅業界以外ではあまり見られないいわゆる「市場の歪み」というやつです。
絶対に耐震等級3で建てた方が得なのにそれをやっている人がほとんどいないという現象です。
投資の世界であれば、このような市場の歪みがあれば0.01秒以下で裁定取引が行われてそのような歪みはなくなってしまうところです。
住宅実務者の皆さん、自分の面倒さにかまけてこれ以上任意保険なしで車を運転させるような耐震性が低い住宅を販売するのはやめませんか??
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<前から国交省が発表する年間着工棟数のデータの読み方がよく分かりませんでした。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | エアコン完備の軽自動車とエアコンがないスーパーカーならどちらに乗りますか?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。