FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

大きなガラスのある建物で考えるべきこと

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

大きなガラスのある建物で考えるべきこと
住宅でも最近は多いですが、店舗やビルで特によくみかけるのが
ガラス面が極端に大きい建物です。

私も南面のガラスは極力大きくするようにしますがこれ冬場の日射を大量に取り入れながら
庇を適切に設けることで夏の暑さは極力抑えるような設計にしています。
もちろんこれらのサッシは断熱性能の高いサッシです。

しかし最初に述べたような建物はだいたいが庇がなく、なおかつ
ガラスもシングルガラスであるものが目立ちます。
こういう建物で仕事をされている人はよく分かると思いますが
夏の時期は悲惨です。いくら冷房をかけてもほとんど効きませんし
冬場は心底冷えます。

ですからこのような建物は夏の時期なんかはせっかくガラスで
いっぱいなのに全部カーテン等でふさがれてしまっている
ところをよく見かけます。

これが個人の建物や企業の建物ならまだ分かるのですが
私が理解しがたいのは公共建築においてこういう建物が非常に
多いということです。

公共建築の光熱費はもちろん税金から支払われているわけで
そんな熱効率の悪い建物を建てて、超高額の光熱費を
垂れ流し続けるのは言語道断です。

当然公共建築は省エネ性だけで決まるわけではないことは分かっています。
ですが同じ先進国のドイツなんかではガラスが多い公共建築物は
あっても低放射型のトリプルガラス仕様だったりします。

パッと見には分からないかもしれませんが、こういうところが違うのが
悔しいところです。
スポンサーサイト




別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<管理建築士の講習会に行って来ました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 自分の系譜>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |