FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

床下暖房システム エナーテック イチオシ建材

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

床下暖房システム エナーテック イチオシ建材
http://www.enertec.co.jp/floor_heating/

暖かい家にしたいときに誰もが口をそろえて言われるのが「床暖房」です。
しかし、私は床暖房はまず使いません。それは次のような理由からです。

・イニシャルコストが極めて高い。
・無垢のフローリングが使えない場合が多い。もしくは専用の高価なフローリングが必要となる。
・高断熱高気密住宅で基礎断熱にすればそもそも上下の温度差は1階床と2階天井でも3度以内
 で納まる場合が多い。
・床暖房箇所のみ不自然に熱い半面敷設箇所が局部でそこ以外は逆に冷たいので貧乏くさい
・家全体に敷設することはイニシャルコスト上まず無理なので一部のみ暖かければ良いという
 のが好きではない。
・できれば電気式で深夜電力利用の蓄熱方式とし光熱費を抑えたい。しかしそういうものは
 ほとんどない。
・電気式でやる場合、床下直下に敷設すると電磁波の影響を受けやすい。

ということなんですがエナーテックはこれらのデメリットをほぼクリアしています。

・無垢のフローリングが普通に使える。
・温度差は少ないとはいえ、一般の暖房方式であればやはり床の方が若干冷たくなる。
 エナーテックであれば床温度を全体的に22度くらいと春や秋のように熱くもなく、冷たくも
 ない温度にでき、ムラもあまりない。
・深夜電力利用なので電気使用量の割に電気代が安い。
・基礎内部に電熱線を埋め込む方式なので電磁波から少し距離が保てるので影響を受けにくい
・蓄熱暖房機のように場所をとらない。
など様々なメリットがあります。

ただし、デメリットもあります。

・エアコン<蓄熱暖房機<エナーテックというイニシャルコストの順番です。
・当然暖房としてしか使えないのでエアコンと併設する場合コストの2重負担となる。
・住まい手にはメリットが多いが太陽光発電を併設するとかしない限りはエコではない。

といろいろ説明しましたが、寒がりで全館暖房を快適に安く行いたいという方には
本当にお勧めのイチオシ建材です。



スポンサーサイト




別窓 | イチオシ建材 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<上棟式と意外な来訪 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 都市と農村のコラボレーション>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |