FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

外付ブラインドシャッター サンシャディ イチオシ建材

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

外付ブラインドシャッター サンシャディ イチオシ建材
夏の庇の重要性は今まで何度もお伝えしてきました。
それは今も変わりません。

しかし、適度な長さの庇は夏の日射は遮りながら
冬の日射は取り入れてくれます。

しかしです・・・。これが夏冬とも完璧にと言うわけにはいかないのが
庇の限界なんです・

真南向きの家であれば8/15頃までは1mほどの庇はほぼ完璧に
効果を発揮します。しかしそれ以降は徐々に温度は下がってくる
反面、太陽高度はどんどん下がっていくので9/30ごろまでは逆に
日ごとに日射がたくさん入るようになります。ですのでこの時期は
ヨシズ等を外に設置しない限りは日射の有効な制御はできません。

またその反対に12月の当時の頃は太陽の角度が最も低いので
庇などなんのそのという感じでかなり奥の方まで日射が差し込みます。
しかし、それ以降は寒さはどんどん厳しくなるのですが太陽の角度は
どんどん高くなっていきます。3月の末などはそれなりに寒いにも関わらず
入ってくる太陽光は庇によって若干減ってしまいます。

これらをほぼ完璧に有効利用しようとするならば外付ブラインドが最適
であるといえます。今のところエーデルヴァレーマ
http://www.edel-warema.jp/blind.html
とオイレスエコのサンシャディ
http://www.sunshady.com/shutter/eco.html
が有名です。

それぞれメリットデメリットがあります。なお、どちらも最大のデメリットは超高価だということです。

エーデルヴァレーマ
メリット
・かなり大きな幅まで作ることができる。

デメリット
・ほとんど防犯性が期待できない。よってシャッター等と兼ねることができない。
・暴風時は巻き上げることが基本となる。

サンシャディ
メリット
・ある程度の防犯性があるのでシャッターと兼ねることができる。
・暴風時にも閉めたままシャッターとして利用できる
・電動と手動があるが手動品はかなりコストが抑えられる
 (しかし手動品はH1500までしか対応できないというデメリットもあります。
  なんとか手動の掃き出しを出してほしいものです。)

デメリット
・作れる幅はエーデルよりは小さい

ということで私個人的にはサンシャディに軍配があがるわけですが
非常に高価なのでまれにしか使うことのできない建材です。
もっと価格が下がって欲しいと心から願っています。



スポンサーサイト




別窓 | イチオシ建材 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<突然の御来客 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 出産直前直後のお客様が重なっています。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |