FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

珪藻土で湿度が10%くらい違うようです。

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産
珪藻土で湿度が10%くらい違うようです。
今日は以前リフォームした施主様宅に伺いました。そこで聞いた話です。
この家はほとんど壁全面に珪藻土を塗ったんですが、以前は夏、冬問わず
じめじめしていたのが、ずいぶん改善されたのは体感で分かられていました。

今日伺ったのはさらに湿度計を細かく見るようになったあとの話です。
ここ最近は梅雨で1年でも最も湿度が高い時期です。

窓を開けっぱなしにしていると部屋の湿度はすぐに80%になってしまう
らしいのですが、閉めると60%くらいにまで下がるそうです。
これだと湿度が20%くらい下がるように見えますが、クロス貼りの家で
締め切っているとこれがだいたい70%くらいだと思います。
ということはクロスより湿度で10%分ほど効果があるといえそうです。

雨が降り続けている日に関しては外は90%を越えます。そんなときでも
閉めていれば60%台を維持できるそうです。

日本人は窓をあけるのが大好きです。しかし、窓をあけるということは
この大量の湿気を室内に呼び込むということをよく覚えておいてください。
これを元に熱環境工学的に「窓を開けるな」という方が多いのも事実です。
たぶんこの方が涼しく過ごせるというのは、特に昼間は間違いないでしょう。
しかし、自分で実験しても納得してもらうことができなければ、生活スタイルを
押し付けることはできません。

皆さんもどういうパターンが最も涼しくすごせるのか?
先入観を捨てて実験してみてください。

※:これは家の断熱性能や庇の設計によって大きく異なることをご理解願います。
スポンサーサイト




別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<プレゼンテーションと建築家同士の打合 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 小泉二世の態度がyoutubeで話題になりました。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |