兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

日本、ドイツ、スイスの省エネ基準を比較してみた①

ドイツのパッシブ基準と
スイスのミネルギー基準にみる世界基準


2013年中にドイツのパッシブハウス基準(民間の基準)相当の住宅と、スイスのミネルギーPエコ基準(民間の基準)の住宅が竣工した。この2つが竣工したことで多方面から「講演で紹介してほしい」という依頼があったが、これらを理解してもらうには、まずそれらの制度とその仕組を説明しなければならないと思う。

まず、パッシブハウス基準とは、現在世界最高峰と言われるドイツの民間基準である。2015年以降はドイツ国内で新築ではビル、住宅を問わず全建築物においてこのパッシブハウス基準が義務化される予定だが、現時点でも新築の10%を占めるまでとなっている。

それに対し、スイスのミネルギー基準も民間の基準である。ドイツのパッシブハウス基準が外皮性能の超高性能化が主眼であるのに対し、ミネルギー基準は外皮性能はそれより多少落ちるが、給湯、暖房にかかるエネルギー源をできるだけ太陽熱やバイオマスを利用することで、これらにかかる一次エネルギー全般に関して極めて厳しい基準となっている。現状で新築の25%、改修の10%程度がミネルギー基準を満たしていると言われている。また、外皮性能をパッシブハウス基準並みに高めたのがミネルギーP基準、さらに薬剤等をあまり使わないという意味でのミネルギーPエコという基準まである。

パッシブハウス基準を聞きかじった人は「120kwh/m2年以下なんですよね?」とか「15kwh/m2年以下ですよね?」的な感じで認識している人が多いと思う。ここでいう120というのは1年間1m2あたりの一次エネルギー使用量の基準値、15というのは1年間1m2あたりの暖房負荷の基準値を表す。日本が最近はじめた一次エネルギーでの規制に対応するのは120の方になる。日本では暖房負荷という基準は、実は明確には表示されていない。

写真左:ドイツパッシブハウス基準の住宅(タキナミモデルハウスin福井) 写真右:スイスミネルギーPエコ基準の住宅(滋賀県小舟木エコ村)
写真左:ドイツパッシブハウス基準の住宅(タキナミモデルハウスin福井)
写真右:スイスミネルギーPエコ基準の住宅(滋賀県小舟木エコ村)


次回は・・・各国の一次エネルギー比較
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

今週土曜日のOB様宅見学会。

今週土曜日のOB様宅見学会。

2時間限定の特別開催ですが、
まだ少しだけ空き枠があります。

なかなかないチャンスなので見学希望の方は是非予約ください!!

http://www.matsuosekkei.com/kengakukai.html
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「グーグルプロジェクトサンルーフ」

昨日は村上敦さんと一緒にプチ講演させていただきました。

いつもながら村上さんの話はインパクトと新鮮さの塊でしたが、その中で特に驚かされたのが
グーグルの新しいプロジェクトである
「プロジェクトサンルーフ」

https://www.google.com/get/sunroof#a=112%20Stanley%20St,%20Redwood%20City,%20CA%
2094062%20%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%
BD&b=90&f=buy&np=13&p=1&sh=1

まだデモ版のようですが、グーグルマップのデータを流用し、その屋根から発電できる
発電量、購入、レンタルした場合の得する金額、償却年数までが表示され、将来的に
はその下に太陽光発電業者が表示されてクリックしたら発注できるようになるところ
まで目指しているようです。

これが普及することによる省エネ効果というのは超絶的ではないかと思います。

改めてこの会社の凄すぎる凄さを感じました。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

全建築関係者必読だと思います!!

全建築関係者必読だと思います!!

「雨漏りトラブル完全解決」

建築実務をやっている人で雨漏りを経験したことはないはずです。

その実例と対策が雨漏り対策のプロによってえぐり出されています。

そのプロの面々がまたすごい。
私が社会人になった最初の上司である玉水さん
通気金物のトップメーカーのハウゼコ神戸社長
学問側からのトップとして石川先生
ほかいつも仲良くしていただいている方ばかりです。

アマゾンでもベストセラーになってますが、
特に軒ゼロおさまりをやっている会社
棟数が多い会社は、全従業員及び、施工業者が
確実に目を通しておくべき一冊だと思います。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

『ホントは安いエコハウス』出版記念キャンペーン!!

『ホントは安いエコハウス』出版記念キャンペーン!!

今まで2770回のブログ更新、300回近い講演を行ってきました。また他の方との共著という形、もしくは雑誌の連載というかたちでは執筆してまいりました。ところが私個人だけでの書籍というのは今回の「ホントは安いエコハウス」が初めての著作となります。

今まで講演に行く度に「本は出されてないんですか?」と幾度となく聞かれました。今後はさっとこの本をご紹介することができるようになりました。

今回の本は「日経ホームビルダー」において約3年間に渡り連載した「脱なんちゃって省エネ住宅」の連載記事をとりまとめ、それに新たに書き下ろしを加えたものとなっております。今までたくさんの工務店さんが
カラーコピーを大量にスクラップしてくださっている姿を見てきましたが、それが綺麗に一冊にまとまったわけです。

このように説明するとプロ向けの一般の方には関係ない書籍だと思われるかもしれません。しかしながらそんなことはありません。住宅の熱環境に関してはきちんと勉強していない一級建築士よりも2週間、自宅を購入するために必死でネットや本で情報収集した素人の方が、変な先入観なしに最新の情報を身につけていたりするものです。

とにかく、住宅の熱環境の世界では、プロ、素人関係なく何の根拠もない誤った迷信、思い込みで溢れかえっています。そんな間違いを25項目に厳選してまとめました。ということで、プロ、素人に関わらず一人でも多くの方に読んでいただきたいと思っています。

一人でも多くの方に読んでいただくことで、これからまともな住宅が一軒でも増えること、それと同時にまともじゃない住宅を購入する方が一人でも減るようにすることがこの本の最大の目的です。

そこで本を買って頂いた方に本を読む情報以上のメリットを与えることによって恩返しができないかということを考えました。

最初はAmazonでランキングが上位に入ると一般の方目につきやすいかと思いこんでいたのでAmazonでのキャンペーンをやろうと思っていました。ただ、今の時代はそういうことはあまり関係がないようで、むしろAmazonだけでキャンペーンをやると一般の書店から「Amazonだけを重視するんですね」というようにとられる傾向があるということが分かりました。そこでどこの書店での購入でもいいことにしました。

書店で購入された際のレシート、もしくはアマゾンで購入された場合はその注文番号をご記入の上下記のメールまで送信して下さい。(アマゾンで購入される場合、お手数ですが複数回別々にご購入頂いたほうがランキングは上がりやすいとのことです。同時一括購入でも構いませんが、別々に購入してくださった方はプラス1冊換算させていただきます。)

ecohouse@matsuosekkei.com

そのメールに題名は
「本○冊購入しました+氏名」にてお願いします。
また内容部分は下記のうち記入可能な項目のみご記入下さい。
1.会社名(住宅関係業者の場合)
2.都道府県
3.氏名
(※このデータを無断で流用することはありません)

参考までにアマゾンの購入サイトは下記になります。
https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_ime_c_2_3?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%
E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E3%83%9B%E3%83
%B3%E3%83%88%E3%81%AF%E5%AE%89%E3%81%84%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%8F%E3%82%
A6%E3%82%B9&sprefix=%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%88%2Caps%2C231&crid=1XUQVTOIL
3ZCY


楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/15017526/

購入者が多い場合、返答が遅れるかもしれませんが、その際はFBにてその旨送らせてご連絡しますのでご容赦下さい。

では、本題の特典です。

1冊のみご購入の場合、
Facebookに「ホントは安いエコハウス」専用の特設グループを作りました。そちらへのグループ登録をさせていただきます。https://www.facebook.com/groups/117792988847025/

5冊以上ご購入の場合、エクセルプログラムで温度と相対湿度を入力すれば絶対湿度を計算するプログラムをプレゼント。
(※より冊数が少ない特典は全て込みでプレゼント)

10冊以上ご購入の場合、エクセルプログラムで温度と相対湿度、室内風速、着衣量、活動量、平均放射温度を入力すれば、+3の「ものすごく暑い」から「-3のものすごく寒い」そして何%の方が寒いと感じるか?その際、寒さの原因は輻射が何%で対流が何%でといったことが全て分かるプログラムをプレゼント。

20冊以上ご購入の場合、今までの講演した際の資料でこれが欲しいというパワーポイントをプレゼント。(5枚まで)

30冊以上ご購入の場合、今までの講演した際の資料でこれが欲しいというパワーポイントをプレゼント。(10枚まで)

40冊以上ご購入の場合、今抱えておられる疑問点に対して無料のメール、電話相談

50冊以上の場合、質問、疑問事項がある場合、松尾設計室にご来社頂いた上,個別で相談に応じます。

100冊以上ご購入の場合、出張して特別講演をさせていただきます!!
(※グループでの共同購入でも対応致します。内容は希望に対応、但し、出張費、交通費は別途)


以上です。物凄く商売感が出てしまってお恥ずかしい限りですが、とにかく断熱に関する最低基準や燃費の表示義務がないこの国において、一人でも多くの方に正しい知識を知っていただきたい一存でこのようなキャンペーンをやることにしました。一人でも多くの方のお力添えよろしくお願いいたします!!

なお、シェアしていただけるとさらに嬉しいです!

もし、万が一2週間経っても承認されない場合は、k-matsuo@matsuosekkei.comにご連絡ください。

みなさまのご応募、お待ちしております!!

有限会社 松尾設計室 代表取締役 松尾和也

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | NEXT